面接コストと採用精度

面接官のコストパフォーマンスって、結局のところどの程度のものなんだろう。

ここ数日、「面接」の話題を斜め読んでいて思った。面接官に思惑があるのは当然のことだ。彼らの責任は重い。あらゆる手練手管で志望者を篩にかければいい。けれども、彼らにも常に付きまとう疑問があるはずだ。「果たしてこの篩は正しいのか?」…これは相当にキツい問いだろう。たぶん真面目な面接官ほど辛い。ぼくの勤める会社には専業の採用担当がいない。各チームのトップが面接をしているけれど、率直にいってこの会社に合った人材を確保できる率は極めて低い。だから歩留まりが悪い。これが人事課の仕事だったならとうに存在意義を問われているレベルだろう。

別に面接をしている上司が無能だといいたいわけではない。はっきりいえば、やってくる採用希望者のランクは、ある程度その企業のランクに比例するものだとぼくは思っている。ここでいうランクは、単純に業界での実績や収入、会社の場合は業績や売上のことである。要するに、目立たない業績の会社に実績目覚ましい有能な人材が、わけもなくリクナビを見てやってきたりはしない。そういう話である。世界が高度に情報化するほど、たぶんその傾向は顕著になる。求職者は常に自分のランクを参照でき、同時に企業のランクも参照できる状態になるのだから当然のことだろう。

だとすれば、面接官はいまだ発現していない、しかし確かに能力を秘めているはずの人材を探し出さなきゃいけない。これは相当に難しいと思う。しかも、問題は「能力」だけに止まらない。煎じつめれば、面接官が判断すべきは「この採用は会社及び志望者双方にとって望ましい結果を生むか否か」である。決して、「自社に必要な技術や知識を持っているか」とか「コミュニケーションの巧拙」とかいったスペックを試すのが目的ではない。もちろん、それが目的でもいいのだけれど、そうして採った人材が本当に有用である可能性の多寡についてはちゃんと考えなきゃいけない。

たとえば、凄腕の営業を雇って早晩腐らせるなんて現場は、それこそ腐るほどあるだろう。会社にも被雇用者にも不利益をもたらす面接なんて失敗以外の何ものでもない。また、すぐに使える人材は確かに短期的な「人手不足」には有用だろう。けれども、長期的に見てその人材が益をもたらすかどうかは極めて不透明だ。仕事を覚えたと思ったら辞めてしまったなんて例も枚挙に暇がない。もしかすると、雇用側と被雇用側のランクがある程度固定化した世界では、「最低条件を決めて書類選考だけ」みたいな機械的な方法で採用しても、精度はそれほど変わらないのではないか。

採用の精度が疑問なら、いっそ、面接にコストをかけるのを止めてしまう。たとえば、書類選考の後は面談で条件の擦り合わせのみ行う。そして、日雇い扱いで最大6ヶ月程度の試用期間を設け、雇用側被雇用側双方がやっていけると思った時点で正社員登用などとしておく。初手は、人なんて見ずに機械的にやってしまう。個人的な感触をいえば、就職時点での職能なんかもそれほど重要とは思えないから、最初に設定する最低条件はかなり緩めでいいと思う。書類に酷い虚偽があるとかいうのはさすがにダメだろうけれど、とにかく適当に雇ってみればいいんじゃないだろうか。

それで、面接にコストをかけていた頃と成果を比べてみればいいと思う。


【関連して読んだページ】
コンサルの面接で「74冊読みました」と言ったら「それは何がすごいの?」と返された - ミームの死骸を待ちながら
“使えない奴”を足切りする為の面接テクニックについて - シロクマの屑籠(汎適所属)

related entry - 関連エントリー

trackback - トラックバック

trackback URL > http://lylyco.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/547

comment - コメント

コメントを投稿

エントリー検索